スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

北欧の旅 エストニア

2013年は年明け元旦より北欧へ旅にいきました。
旅中に出会ったキャンドルや街の風景を・・・

バルト3国の1つエストニアへ。
フィンランドから船に乗ってエストニアの首都タリンの
クリスマスマーケットに行きました。
クリスマスは終わってますが1月初旬まで開催されてます。
旧市庁舎広場の大きなツリーを中心に、ニット手袋、マフラー、
木のスプーン、人形などいろいろなお店があります。
IMG_2690.jpg

ローストナッツのお店。
オレンジパウダーをまぶしたナッツ美味しかったです♪
IMG_3078.jpg

猫の陶板の飾り。黒猫をお土産に・・・
IMG_3118.jpg

IMG_3115.jpg

木製のキャンドル燭台。
IMG_2677.jpg

手作りキャンドル屋さんありました!
IMG_2668.jpg

べリージュースやホットワインのお店で中から温まりました。
IMG_2676.jpg

キャンドルの灯りだけのレストランでランチ♪
IMG_2716.jpg

IMG_2723.jpg

ハニービール(黒ビール+ハチミツ)とサーモン、ビーンズの料理。
サーモンも新鮮で美味しかったです。
IMG_2728.jpg

世界遺産の旧市街タリン。
中世の町並みやロシアらしさを感じ一味違うヨーロッパでした。
IMG_3075.jpg

IMG_2699.jpg

IMG_2646.jpg

そしてインスピレーションを求め向かった
神々の島、南国バリ島へと続きます・・・


スポンサーサイト

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

2013.02.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NAOHAより

北欧の旅 フィンランド

2013年は年明け元旦より北欧へ旅にいきました。
旅中に出会ったキャンドルや街の風景を・・・

スウェーデンから移動しフィンランドへ。
フェインランド・ヘルシンキに到着。
ストックホルムよりは、さすがに寒かったです。

フィランド在住の日本のお友達に、郊外にあるキャンドル工房へ
連れていってもらいました。
異国でのキャンドル工房を目の前に大興奮でした。

IMG_2884.jpg

気温は氷点下。港は氷で覆われてます。
寒い街中の散策はトラムという路面電車が足代わりに便利です。

IMG_2501.jpg

ヘルシンキから船で15分ほどの要塞の島。スオメンリンナ島。
海が見渡せる場所には、こんな看板も。
本当に何度もツルッと滑って大変でした。

IMG_2552.jpg

フェルトの小物や帽子など、とても綺麗な色とデザインで楽しくなりました。

IMG_2474.jpg

IMG_2484.jpg

マーケットでは、有名なフィンランドの陶磁器メーカー『アラビア/Arabia』のアンティーク食器も。

IMG_2953.jpg

日も暮れ寒さ一段と冷え込む屋外のマーケット。
毛糸やフェルトの手工芸品と一緒にキャンドルも並び、なんだか少し暖かな気分。

IMG_2576.jpg

クリスマスも終わり50%Offになってしまったチョコレート製の巨大サンタクロース。
なんだかサンタの顔が不機嫌に見えてしまうのは私だけ・・・!?

IMG_2495.jpg

昼間と夜のヘルシンキ大聖堂です。
夜に期間限定で3D映像ライトアップが行われてました。
大聖堂をスクリーンにして、映像アートの幻想的光景と音楽で夜空が染まってました。

IMG_2430.jpg

IMG_2631.jpg

雪の中にポツリとサンタさんが住んでそうな、、山小屋のような真っ赤なcafe。

IMG_3216.jpg

やはり、、、映画『カモメ食堂』行ってきました。
そして、シナモンロールもいただいてきました。
ふっくら焼きたてで美味しかったです。

IMG_3248.jpg

北欧の旅はエストニアへと続きます・・・

テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

2013.02.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NAOHAより

北欧の旅 スウェーデン

2013年は年明け元旦より北欧へ旅にいきました。
旅中に出会ったキャンドルや街の風景を・・・

北欧は私がキャンドルを制作する中での、色彩や神秘的な森の世界など
リンクする部分がとてもあり、今回実際に訪れるにあたって自分にとって
新鮮なスパイスを取り込みにいくような気持ちで旅に出ました。

北欧はこの時期は日照時間が短く、日の出AM8時台〜日の入りPM3時台と
1日のうち暗い時間帯が多くキャンドルも日常生活で活躍する季節となります。

街では至るところにキャンドルが登場♪というか生活に馴染んでおりました。
その模様や町の様子です。

スウェーデン・ストックホルム

街中のお店の灯りたち。

IMG_2870 のコピー

IMG_2301.jpg

IMG_2275.jpg

ふらっと立ち寄った私立図書館。吹き抜けの円形ホールの一面にはずらっと並ぶ本。
モダン建築の巨匠エーリック・グンナール・アスプルンド(Erik Gunnar Asplund)が
設計したモダニズムな図書館でした。とても落ち着く空間で滞在中、度々足を運びました。

IMG_2022.jpg

アーティストや文化人が好んで住む街セーデルマルムでみつけた
照明器具のアンティークショップ。
キャンドル燭台やスナッファー(火消し)のアンティークのものもありました。

IMG_2176.jpg

IMG_2180.jpg

目の醒めるような花の群。市場にて。

IMG_2052.jpg

中世の古い街並みが残る街ガムラ・スタン。可愛い人形のお店。

IMG_2082.jpg

世界で最も美しい首都といわれ「北欧のヴェニス」と称えられるストックホルム。
無数の島からなり、船や橋で街がつながれています。
冬の寒さは、いっそう街を澄み渡らせているように感じました。

IMG_2239.jpg

IMG_2259.jpg

IMG_2077.jpg

IMG_2317.jpg

北欧の旅はフィンランドへと続きます・・・


テーマ:ハンドメイド - ジャンル:ライフ

2013.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NAOHAより

«  | ホーム |  »

プロフィール

naohacandle

Author:naohacandle
About NAOHA Candle

NAOHA Candle HP

Candle making&lighting&shop
in Shiga Japan

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。